『灰』の訓読み

『灰』を訓読みでは何と言うかと家族に試された。

中国語の『huī』の連想から『はい』は音読みだろうと思って他の読み方を考えたが、『はい』が訓読み、『カイ』が音読みだと言う。

漢和辞典で『はい』以外の訓読みはないのだろうか、例えば『あく』などの読み方は無いのだろうかと調べたが、やはり『はい』だけだった。

どう考えても『はい』は漢字音由来の言葉で、大和言葉ではないような気がする。

ちなみに韓国では회(hoe)、ベトナムではhôiと漢字音由来の発音をするようだ。

漢和辞典を調べている時に、壁塗り材の『漆喰(しっくい)』とは『石灰』の当て字であることも知った。

辞書さえあれば、無人島で1年は暮らせそうな気がする。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です