蜘蛛の糸

ふと思い立ち、青空文庫で芥川龍之介の『蜘蛛の糸』を読み返してみた。

芥川龍之介 蜘蛛の糸

カンダタは、数限りない罪人達が自分の下からよじ登ってくるのを見て、「こら、罪人ども。この蜘蛛の糸はおれのものだぞ。お前たちは一体誰に尋いて、のぼって来た。下りろ。下りろ。」とわめいたことで、糸がプツリと切れて地獄に舞い落ちた。

それでは一体カンダタはどうすれば良かったのか。下りろとわめかなくても、やっぱり蜘蛛の糸は切れてしまったのではなかろうか。

今日は月末最終営業日。地獄に落ちる人が沢山いるに違いない。

カテゴリー: W-ZERO3, 本・雑誌, 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です