タン・ウェイ

昨年、映画『ラスト、コーション』のヒロイン役で、一躍脚光を浴びた中国の女優、湯唯(タン・ウェイ)。

彼女の役柄が日本軍に味方した売国奴の愛人であったとか、その描写が余りにも過激であったとかいう理由で、政府上層部の指導により実質的に中国での芸能活動が禁じられてしまった。

その後香港の市民権を獲得したとかいうもあったが、現在はロンドンに長期滞在中らしい。

どの国をベースにしてもよいから、早く次回作を見たいものである。

カテゴリー: 映画・テレビ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です