ボタン電池の記号

最近プロジェクターと一緒に使っているYAMAHAのホームシアターシステムのリモコンの感度が悪くなった。受光部の真っ正面からリモコンを操作しないと作動しなくなったのである。

1年以上も電池を交換していないので、おそらくその為だろうとは思っていたが、リモコンに使われている電池はボタン型(コイン型)なので、電気店に行っても型番を思い出せず、買いそびれることが何度も続いていた。

先日、外出する前にその電池の型番(記号)を確かめたところ、CR2025と書いてあった。

この6桁の記号が何を意味するのか気になって調べたところ、次の通りであった。

C   電池系 Cは二酸化マンガン・リチウム電池 (詳しくはこのページを参照)
R   形状 Rは円形 Fは角形・平形
20   直径(1mm刻み) この場合20mm
25   高さ(0.1mm刻み) この場合2.5mm

つまりこの電池は『円形の二酸化マンガン・リチウム電池で直径20mm、高さ(薄さ)2.5mm』というものらしい。ちなみに電池系がCの場合、電圧は3Vと決まっているそうだ。

うっかりCR2032なんていう電池を買ってしまったりすると、ケースに電池が入らないか、悪くするとケースを壊してしまうおそれがある。

やっかいなことに、この6桁の記号ではなく、海外のIEC規格に基づく4桁の記号を持つ電池もある。この場合、直径と高さが2桁の数字で表される。(詳しくはここ。)

これらを理解しておけば、お店に行った時も確信を持って電池を選ぶことができる。

CR2025という電池を買って帰り、リモコンの古い電池と取り替えたところ、以前とは段違いに感度が良くなり、イライラが解消した。

カテゴリー: 家電 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です