アップル、Macworldへの最後となる参加を発表

アップル、Macworldへの最後となる参加を発表

Appleが、毎年1月に開かれている『Macworld Conference & Expo』への出店を、来年限りで止めると発表した事が大きなニュースとなっている。

このイベントは米国のIDG World Expoが、Apple関連のソフトウェアやハードウェア会社を集めて開催しているもの。

過去にもAppleが参加しない時もあったが、最近はこのイベントで新製品を発表することが多く、ユーザーは毎年スティーブ・ジョブズの基調講演を楽しみにしてきた。

Appleは来月のイベントへの参加を最後にすると発表すると共に、今回の基調講演はジョブズが参加しないことも発表した。

この発表をめぐりユーザーの間では、ジョブズの病気が基調講演ができない程悪化しているのではないか、もしかするともうこの世にいないのかもと、噂をし合っている。

是非とも何らかの形で元気な姿を見せて欲しい。ジョブズのいないAppleなんて、気の抜けたペプシ・コーラみたいなものだから。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です