モリモトが民事再生法申請

マンション販売のモリモトが民事再生法申請 負債総額1615億円

都心部で特色あるマンションを販売していた東証二部上場の準大手マンションデベロッパー『モリモト』が、先週金曜日の午後、民事再生法の適用を申請した。上場企業の倒産は今年31社目。

開発物件の売却予定先(REIT?)の資金調達が不調に終わったことが、資金繰り悪化の原因と説明している。

11月14日の金曜日に予定していた中間決算発表の延期を行ったことから、先々週の18日から21日まで毎日ストップ安が続き、てっきりその週末に倒産かと注目していた。

ところが先週はパシフィックHDへの中国資本注入のニューズに浮かれたのか、理由のないユーフォリズムが新興不動産セクター全体に漂い、モリモトの株価も少し戻したりしていた。

木曜日の深夜に、モリモトのREIT運用子会社を大和ハウスに売却するというニュースを好感したのか、金曜日はストップ高で寄り付き、後場もストップ高価格での買い気配で終えた後、17時に突然の民事再生法申請のIRが公表された。

申請を決めたのは、新日本監査法人が監査意見を出さなかったことらしいが、他の会社の様に監査法人を変えるなと、もう少しジタバタしても良かったのではないかという気もする。

大和ハウスは金曜日の民事再生法申請を知っていたのだろうか。どうせ子会社を買うのであれば、親が潰れてからで十分ではないか。果たしてこの取引は認められるのであろうか。認められない場合、REIT『ビ・ライフ投資法人』への影響は無いのか。

それにしても、このモリモトという会社、上場こそ今年の2月だが、1983年の設立以来25年間着実な経営を続けてきた会社。念願の上場を果たした途端に破綻とは悲しい。

カテゴリー: 経済 タグ: パーマリンク

モリモトが民事再生法申請 への2件のフィードバック

  1. 胡桃 のコメント:

    モリモトですが、上場によって創業者利益を創業者一族が確保して、ドボンというなにか投資家を馬鹿にした計画的な会社再生手順だとみるんですが。

    設立以来のもろもろの隠れた部分(膿)を一気に整理するには、ドボンが一番ですし、タイミング的にその他大勢で非難の度合がすくないと思うんですが。

  2. Cyabo のコメント:

    ご無沙汰しております。
    私も危険水域を漂っていますが、ドボンはしたくないな〜(笑)
    モリモトさんとは創業当初から付き合いがあったので残念ですね。
    その頃は蒲田警察の向かいで小さな事務所でしたが、その後着実に成長し、
    上場までしたのにモッタイナイ・・・
    マツヤハウジングも池上駅前の小さな事務所から頑張ったのに・・・
    城南地区で付き合いのあった業者さん、残るはJ社とY社だが大丈夫だろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です