リファイナンス

毎朝の通勤ルートである千代田線乃木坂駅西口から六本木通りに通じる道沿いに、COI六本木ビルという建物がある。

テナントにはウォルト・ディズニー・ジャパンなども入っているビルで、クリード・オフィス投資法人というREITの物件の一つの様だ。

このREITの投資口価格(株価の様な物)を見て驚いた。1ヶ月前には18万円位だったのが、今じゃ3分の1の6万円位に落ち込んでいる。

Yahoo!ファイナンス – 8983.t

1ヶ月前にはニューシティ・レジデンス投資法人というREITが民事再生法を適用申請したが、それと直接関連しているとは思えない。

クリード・オフィス投資法人は、10月30日付けの「借入金の返済に関するお知らせ」というプレスリリースで、借入金の一部返済について公表していた。

12億円強一部返済して、借入金合計が717億円強になったということだが、借入先を見て慄然。ちゃんとした銀行からの借り入れが無く、リファイナンスが思いやられる。

31日には発行体格付けの引き下げにより、一部金融機関のダウングレード条項が発動し、スプレッドが次回金利決定日以降引き上げられるなんていうプレスリリースも出ている。

COI六本木ビルの看板も、早晩架け替えられるのだろうか。

カテゴリー: 経済 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です