DVDへのダビング

意外に思われるかも知れないが、昨日初めてHDDからDVDへのダビングをやってみた。

AV製品なら何でも使いこなしているだろうと思われている私だが、HDDからDVDへのTV放送のダビングは初めてだ。

ずっと『見たら消す派』だったので、DVDに残すことに興味が無かったのだが、NHK教育の語学番組を録画したものの見る暇がなくHDDを占拠してしまったのと、広末主演の『バブルへGO!』を消すのが忍びなくなったことや、ジュリーの『SONGS』をダビングしておこうと思ったからである。

TV番組のダビングをしてこなかった理由としては、ダビングには色々な制約が課されており、ダビングすると元の画像から劣化するのがいやだったからでもある。

ビックカメラで放送ダビング用のDVD-Rを買い、マニュアルを見ながらダビングをしてみたが、面倒なことこの上なかった。

やはりHDD上のデータはDVDに書き出すことなく、HDDの増設で管理したいなと思った次第である。

カテゴリー: デジモノ, 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です