北京奥運会開幕

昨夜はTVでオリンピックの開会式を堪能。

2008人による太鼓の演奏を見ていた時、何だかデジャブの気持ちに。

そう、この春見た映画『王妃の紋章』のスペクタクルシーンとダブるのだ。

それもそのはず、この映画は、オリンピックの開会式をプロデュースしたチャン・イーモウ監督の手による物。

満漢全席というか、イベントを全部見終わるまでに腹一杯になり、入場行進の途中で眠ってしまった。

カテゴリー: アジア, 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です