iPhoneでWikipedia

会話の途中で気になったことをその場ですぐに調べるには、Wikipediaが一番便利。

その内容の正確性については色々意見があろうが、正しい情報を得るきっかけとしては、十分役立つ。

iPhoneのSafariはフルブラウザなので、PC用のWikipediaを見ようと思えば見れないことはないが、横にスクロールしたりする必要があり、やはり面倒。

携帯端末用に準備された『Wapedia』 (http://wapedia.mobi/ja/) というサイトから見るととても見やすい。

wapedia.jpg

ちゃんと『华国锋』と表示されている。

iPhoneの場合、Windows Mobile機と違い、初めから多言語対応になっている所が便利。

願わくばピンインに声調記号が付いてくれれば有り難いのだが。(コメント欄参照)

追伸
erlangさんから教えて頂いた wikipedia.comoki.com も、インターフェースがiPhoneライクで良い。ただし内容表示は文字が小さくなってしまうけど。

カテゴリー: iPhone タグ: パーマリンク

iPhoneでWikipedia への2件のフィードバック

  1. Erlang のコメント:

    Wikipediaのフロントプロセッサ (とでも言うんでしょうか??) は、色々とあるようですね。私は、Comoki (http://wikipedia.comoki.com/)というのを登録してあります。他にも、iPodiaとか。wapediaは文字が大きめで読みやすいですね。まあ、このへんは表示できる情報量と読みやすさの兼ね合いなので難しいところでしょうけど。
    中国人の名前をWikipediaで検索したことはありませんでしたが、英語で調べるとちゃんと声調符号付きのピンインが表示されているんですね。wapediaでは、日本語で調べた後で他の言語に行こうとすると、ルートのメニューに戻らなくてはいけなくて検索語が再利用できないようですが、Comokiでは、そのまま言語設定を切り替えると、フルブラウザで他言語のリンクをクリックした場合のように、その検索語の英語ページに飛べました。
    って、ここまで書いて、よく見たら、日本語版も本文でなくてちゃんと別の表になっているところに声調記号付きのピンインが書いてあるじゃないですか。あれ、でもdurianさんのスクリーンショットと私が同じ内容をwapediaで検索した画面の表示内容が微妙に違うなあ??

  2. durian のコメント:

    今日Wapediaで華国鋒を検索したら、ページレイアウトが変わっていて、声調符号も表の中に出ていました。

    不思議不思議。このブログを見て変えたなんて事はないと思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です