iPhoneのファームウェアをUP

iPhoneは日本語変換が急にモタモタしたり、Safariがよく落ちる。

某所でiPhoneのファームウェアを最新の物にすると、多少は改善するとの噂を聞きつけた。

『設定』→『一般』→『情報』でバージョンを確認すると、2.0(5A345)と、初期の物だった。

Macと繋ぎ、iTunesの『同期』の画面で『復元』のボタンを押すと、これが2.0(5A347)になるらしい。

やってみたところ、ネット上から新しいファームウェアをダウンロードするところまではうまくいくのだが、書き込むところでエラーが出てしまい、iPhoneの起動画面の歯車がグルグル回り続けるばかり。

何度やっても同じことの繰り返し。iPhoneが板チョコレートになってしまった。

これは渋谷のApple Storeに持ち込むしかないかと諦めかけたが、Appleのサポートセンターに電話をして、担当者の指示に従いやってみることに。

強制ファームアップモードにして、何とかアップデートすることができたが、原因は不明。

諸設定はiTunes側にバックアップしてあったので、再度設定の必要はなかったが、音楽やアプリケーションは、再度同期をとってiPhoneにコピーした。

ファームアップの効果は如何とチェックしてみた。

日本語入力は今のところモタモタするような現象は出ていない。だが、Safariは相変わらず落ちる。

Safariについては、OSのバージョンが2.1に上がるのを待つしかないのかも。Apple製品には良くあることなので、目くじらを立てても仕方がない。

カテゴリー: iPhone タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です