シンガポール航空『A380』見学

赤坂Sacasで開催されている、シンガポール航空の最新鋭機『A380』の展示会に行ってみた。

SIA1.jpg

豪華なスイートやビジネスクラスなどの座席を体験することができる。私が行った時は、スイート体験の待ち時間は70分だった。

SIA2.jpg

スイートはまるで観覧車のゴンドラか小さなカラオケボックスの様。ベッド回りに何でも揃っていることから、カプセルホテルの一室みたいだと言った方が、日本人には分かりやすいかも。

SIA3.jpg

ちなみに東京ーシンガポール間の往復料金は、30万円程度になるとのこと。

ビジネスクラスは、座席幅が最大87cmもあり、フルフラットのソファベッドにもなる。こちらもかなり快適。

エコノミークラスを含めた全ての座席で、備え付けのオンディマンドのAVを楽しむことができる他、Microsoft Officeを利用することができる。データのやりとりはUSBメモリーを使うことになる。

『A380』の展示は明日の20時まで(今日はお休み)。実際の就航は5月20日から1日1便。

日本 フライト – シンガポール航空

帰りは『赤坂Bizタワー』地下1階の『海南鶏飯』でシンガポール料理を食べてから家路に就いた。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

シンガポール航空『A380』見学 への1件のフィードバック

  1. ぐち のコメント:

    こんなのやっていたんですね、知らなかった。シンガポール航空は結構利用しますが、世界のどこかで実際に搭乗する機会はありやなしや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です