カーライルのファンド

カーライル・キャピタル:オランダで取引停止、債権団が資産強制売却

米国の大手プライベートエクイティ投資家であるカーライル・グループ傘下のファンドの一つが、債権者から求められた追加担保の要請に応えることができず、デフォルトとなり、強制担保処分を受けたとのニュース。

カーライルと言えば大手も大手。日本ではウィルコムやイー・アクセスへの出資を行っていることで知られる。

皇居前の新丸ビルの最上階にオフィスを構えるが、会議室からの眺めは息を呑むほど素晴らしい。

傘下の1ファンドの事とは言え、かなりショッキングなニュースだと思うのだが。

カテゴリー: 経済 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です