SANYO大丈夫?

3年程前に買い換えた、三洋電機の縦型ドラム式洗濯機『AWD B860Z』が壊れてしまった。

発火の恐れ有りと言うことで、2度リコールの対象になった機種なのだが、今度は回転中にバランスを崩したのか、ドラムの内蓋に付けられたプラスティックカバーと、ドラム内のワッフルと呼ばれる部品が吹き飛び、エラーメッセージが出て動かなくなった。

結局数日おきに3回来てもらってやっと直った様なのだが、修理代も取らずに帰って行った。どこか後ろめたいことでもあったのだろうか。

その間、何度も近所のコインランドリー(全て三洋製である)に洗濯物を持って行って洗ったのだが、時間とお金をかなり無駄にした。

この夏買い換えたばかりの三洋の炊飯器『HZ-10』も、一月前から炊きあがりのアラーム音にガリガリという大きな雑音が入り始めたので、持ち帰って修理してもらうことにした。

そう言えば、液晶プロジェクター、シェーバー、コードレス電話など、結構SANYOマークの家電を使っている。

三洋電機は世界初、業界初という、意欲的な新製品を次々に発売するところが気に入っているのだが、故障も結構多い。発売前のテストが足りないのではなかろうか。

技術力まで信用を失ったら後がない。

三洋電機、違法配当認める・決算訂正発表、01年から赤字転落

カテゴリー: 家電 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です