黄砂情報

週末ベランダから都心のビル群を見ると、黄色く霞が掛かった状態だった。黄砂だ。

黄砂:全国広い範囲で観測 27日も続く見込み−天気:MSN毎日インタラクティブ

黄砂というのはてっきり春だけの現象だと思っていたが、環境省の黄砂のパンフレットを見ると、最近は年間300日以上観測されているらしい。「黄砂は単なる季節的な気象情報から、森林減少、土地の劣化、砂漠化といった人為的影響による環境問題としての認識が高まっています。」とのこと。

環境省は今年から試験的に黄砂情報をネットで公開している。札幌、仙台、つくば、新潟、松江、長崎市など国内の九地点とソウルの黄砂の飛来量を、地図上に円柱で表示し、一時間ごとに更新しているのだ。今年は5月末日まで更新するらしい。

そのHPのアドレスは『http://soramame.taiki.go.jp/Kousa/』なのだが、『soramame』というアドレスが気になった。どうやらページの色が空豆色だからのようだが、黄砂の色にも見える。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です