MOTTAINAI

もったいない
プラネット・リンク
4838716095

昨日某所で開かれたワンガリ・マータイ女史の講演を聴く。

女史は現在ケニアの環境・天然資源・野生動物省の副大臣。1977年から始めた植林事業(グリーンベルト運動)や女性の地位向上運動などが認められ、2004年にノーベル平和賞を受賞した。

翌年京都議定書関連の行事出席の為に来日した折、日本語の「もったいない」という言葉を知り深く感銘を受け、その後「MOTTAINAI」を世界に広げる活動を展開している。

なぜ平和賞なのかと思っていたが、アフリカの民族間の対立・抗争は、最低限必要な水や食料の枯渇が原因となる場合がある。それらは森林の伐採や環境悪化に由来する。植林活動を行い、環境を整備することは、水や食料の供給につながる為だということであった。なるほど。

UNBOWEDへこたれない ~ワンガリ・マータイ自伝 UNBOWEDへこたれない ~ワンガリ・マータイ自伝
ワンガリ・マータイ 小池 百合子

by G-Tools

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です