景気のいい話

シンガポール政府が、大統領や閣僚・高級官僚の年俸を平均25%引き上げる決定を行ったという。
星日ビジネスニュース オンライン

これにより従来、ゴー・チョクトン上級相、リー・クアンユー顧問相、ナザン大統領、リー・シェンロン首相の順番だった年俸が、大統領、首相、上級相、顧問相の順番に入れ替わったという。

ちなみにリー・シェンロン首相の年俸は、なんとブッシュ大統領の5倍になるとか。だかよくよく読んでみると、リー首相の年俸は日本円で2.4億円、ブッシュ大統領が47百万円程度らしい。

ブッシュ大統領の年俸が思いの外少ないという感じがする。

カテゴリー: アジア タグ: パーマリンク

景気のいい話 への3件のフィードバック

  1. terimakasih のコメント:

    まあ、大統領は公式に発表されている報酬よりも、その他に有形無形の報酬がたくさんあるんでしょう。もらいすぎても世論からたたかれるでしょうし。(親族の企業が国の仕事入札するとか。。。) まあすばらしい仕事をしてくれれば松坂以上の年棒を払っても全く問題ないですけどね。。
    シンガポールは確か公務員の給与も引き上げると発表したと記憶しています。日本と同じでこの先少子高齢化が進む中で、優秀な人材を獲得することが生命線だからでしょう。学生なんかも海外から優秀な学生を奨学金を出してどんどん招きよせているようです。

  2. クレメンティ のコメント:

    初めまして。いつも楽しみにしています。
    ところで、durianさんはシンガポールに住んでいるのでしょうか?
    それとも東京でしょうか?
    双方の事が書かれているので、とても気になってます。

  3. durian のコメント:

    東京ですよ。
    この春休みは1週間程そちらに滞在していましたが。Clementiに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です