貧者の80インチ

先月プロジェクターを購入した。さすがに壊れかけの91年製のTVを見続けるのが辛くなったからである。

今なら当然薄型大画面TVをということになるのだろうが、小型の物は1インチ当たり5千円程度に値段が下がったというものの、40インチを超える大きな物はまだまだ1インチ当たり1万円弱であり、かなりの買い物になってしまう。

それに、現時点では液晶TVはどうしても輪郭部分のチラつきが気になってしかたがない。

どうせ大画面で見るのは真夜中のことだからということで、プロジェクターを買うことに決めた。

D5(1080p)のフルハイビジョン機は30万円程度するが、現時点では1080pのソースも少なくD3(1080i)止まりなので、D4(720p)で十分と考えた。これなら80インチの大きさで見ても、1インチ当たり2千円以下である。

プロジェクターは液晶方式とDLP方式の2つに分かれるが、DLP方式のものは、真っ正面から映写するしかなく、設置場所が限定される。ということで、上下左右斜めの位置からも映写できる液晶方式のものにした。(続く)

サンヨー 液晶プロジェクター LP-Z5-S

カテゴリー: Audio Visual タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です