カップヌードルリフィル

先日日清食品の創業者である安藤百福(本名:呉百福)氏が96歳でお亡くなりになった。

氏が開発したチキンラーメンは画期的な商品であったが、それが世界的に広まるきっかけとなったのは、やはり丼を用意する必要のないカップヌードルが開発、発売されたからだと思う。

日本での発売は1971年ということになっているが、私の記憶では1970年の大阪万博の会場で初めて見た様な気がする。

その後カップ麺が各社から発売された訳だが、最近は、燃えないゴミを大量に生産する、環境にやさしくない食べ物と見られることもあるようだ。

ということもあってかどうかは知らないが、日清食品がカップヌードルの中身だけの販売も始めるらしい。

日清食品 : ニュースリリース : ご案内

リフィル(中身)だけではなく、再利用可能なプラスチックカップとのセット『カップヌードルリフィルスターターパック』も販売するそうだ。

この『マイヌードルカップ』は保温性、断熱性に優れた二重構造となっており、内カップと外カップの間のデザイン紙をかえれば、世界でただ一つのオリジナルマイカップが作れるとのこと。

デザイン紙を作る為のウェブサイトも準備中である。私ならどんなデザインで作るだろう。やはりAppleマークか。

新商品の発売とウェブサイトのオープンはいずれも3月26日から。

カテゴリー: 食べ物 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です