香港も禁煙

近所のセブンイレブンに行ったところ、カウンターの後ろにずらりと日本のタバコが陳列されていた。

セブンイレブンは他のコンビニに比べて、品揃えが悪いことで有名である。売れ筋の商品しか置かず、同じ商品をこれでもかと、3列ずつ並べたりする。

にもかかわらず、タバコについてはあらゆる銘柄を並べて販売している。体に害があるとわかっているタバコを、売れるからという理由で堂々と販売するとは、何とも社会的責任が欠如した企業である。

昨日1月1日から、公共の場所での喫煙を禁止する香港の新しい条例が施行されたという。(NHKニュース

違反が見つかった場合、最高日本円で7万5千円の罰金が科せられるとか。まるで香港がシンガポールにでもなった様だ。

果たして中国大陸からやって来るヘビースモーカー達が、この厳しい条例を守れるのだろうか。

日本でも喫煙者だけでなく販売者も取り締まる厳しい条例を作ってもらいたいものだ。

カテゴリー: アジア タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です