ネットで申告

KINさんのブログに、ネットで確定申告すると5,000円の税額控除がもらえ、領収書の添付も必要なくなるという話が書いてあった。

早速ネット上で新聞各社の記事を調べてみたのだが、どうもはっきりしないので、自民党のホームページに行ってみた。

平成19年度税制改正大綱(12/14)

上記ページに『平成19年度税制改正大綱』というPDFファイルがある。その25Pあたりに『五 円滑・適正な納税のための環境整備』という項目があった。

それによると、電子証明書を取得した個人が、平成19年分又は平成20年分の所得税の申告をネットで行った場合、どちらかの年分の所得税の額から5,000円を控除するというものらしい。

どうやら来年度分、又は再来年度分からの適用であって、今年度分の話ではないようだ。また恒久的な控除制度ではなくて、一回しか控除が適用されない。

更に面倒なのは、「電子証明書を取得した個人が」という部分である。この電子証明書を取得するというのがやっかいそうだ。

税制改正大綱には、電子申告した場合には、医療費の領収書等の添付を省略できるようにするとも書いてある。全ての領収書が揃わなくても医療費控除申告ができるようになればありがたいが、やっぱり電子証明書の取得が鍵になりそうだ。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です