iPhoneは来春?

Forbesが14日、「台湾メーカーがAppleから12百万台の携帯電話の受注を確保した」とのニュースを流していた。

Taiwan’s Hon Hai wins Apple orders for mobile handsets, notebook PCs – report – Forbes.com

ネタ元の台湾の中時新聞をあたってみると、鴻海(Hon Hai)の 富士康工場が、iPhoneの組立を受注したらしい。

iPodの機能に加え、200万画素のカメラが付くそうだ。市場に出回るのは来年第一四半期の末か、第二四半期の頭とのこと。月産は50万から60万台。

例え日本でケータイとして使うことができなくても、Appleから出るなら是非買いたいと待ち構えている人は多いはず。

私もBluetoothと無線LANを搭載してくれれば、即買ってしまいそう。

カテゴリー: 携帯・通信 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です