mixi マザーズ上場

会員数570万人を誇るSNS最大手のミクシィが昨日マザーズに上場した。初日は公開価格(155万円)の2倍強となる315万円まで気配値を切り上げたが、売買が成立せず、買い気配のまま取引を終えた。気配値をもとにした時価総額は2,221億円になるという。

ところでmixiはSNSの最大手であることは余りにも有名であるが、平成18年3月期の同社売上高19億円のうち、3分の2の12億円強は、もう一つの柱であるIT系ベンチャー企業を顧客とした就職斡旋サイト『Find Job!』の運営によるものであることは意外と知られていない。(たのみこむ』の様に同じ趣味をもつコミュニティの住人が提案したオリジナル商品の開発に関与するとか、充実したユーザーコメント欄を持つ『価格.com』の様なショッピングモールを持つことだろうか。

同社に対する期待が高いのは、単に儲かればよいというのではなく、mixiという手間のかかるサイトをユーザー本位できちん運営してきた笠原社長の経営姿勢に対する信頼感によるところが大きい。

私が気付いていない大きな可能性を持っているのかも。磯崎先生、こっそり私に教えてください。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です