海賊版

NHKニュース

NHKのニュースによれば、『海賊版』のCD、DVDなどについて、「購入すべきでない」という回答と、「購入してもよい」という回答が二分したとのこと。半分が容認というのは、結構すごい数字だ。

個人的には、『海賊版』が出回る根本的な理由は、消費者が『正規版』の値段が高すぎると感じているからだと思う。

『海賊版』の販売者は製作コストを一切負担していないので安く販売できる、との批判はあろうが、『正規版』の製作者や流通業者が、「こういう費用がかかったので、この価格で買っていただきます。」と消費者に押し付けるのもどうか。

適正な価格は、落ち着くべき所に落ち着くのではないかというのが、私の考え。

AppleのiTunes Music Storeの成功とTower Recordの倒産も、そういう辺りに起因しているのではなかろうか。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です