DoCoMoからWindows Mobile Phone

hermes.jpg

DoCoMoから台湾のHTC社製のWindows Mobile Phone『hTc Z』というのが登場するらしい。(DoCoMoのニュースリリースはここ。)

WILLCOMのW-ZERO3が出た後では、驚きも小さい。

法人向けの販売のみで、端末100台とサーバーシステムを合わせて1,500万円とか。個人が簡単に手に入れられるのはもっと先のようだ。

もしかして、SoftBank Mobileが、10月1日のブランド名変更に合わせて、同じ端末を先に個人用に売り出したりして。

カテゴリー: 携帯・通信 タグ: , , , パーマリンク

DoCoMoからWindows Mobile Phone への1件のフィードバック

  1. TJ のコメント:

    先日はHermesがDocomoから発売される端末ではないかと書きましたが、スペックなどを確認する限りどうも異なる機種のような気がしてきました。更に総務省がDocomoのHSDPA対応端末に免許交付し8月からサービス開始なんていう記事を見るとますますHermesは二種類あってHSDPAの搭載されていないのがまず発売されるという気がします。
    http://journal.mycom.co.jp/news/2006/07/12/382.html
    まあその次に発売されるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です