『ばかうけ ジャーマンソーセージ味』

今日は「サクッ」とせんべいの話。新潟・栗山米菓の『ばかうけ』である。

オリジナルの『ばかうけ』は子供向けの味付けで好きになれなかったのだが、期間限定で発売されている『ジャーマンソーセージ味』は、「ポークのジューシーさにガーリックと黒胡椒を効かせたピリ辛いスパイシーなソーセージ味です。」ということで、酒のつまみにピッタリだ。

最近、同時多発的に同じフレーバーの食品が店頭に並んでいることが多い。こういうのは商社や調味料のメーカーが企画を持ち込んだりするのだろうか。

ところでこの栗山米菓というのは、早くから自前のホームページを立ち上げて、広報活動に力を入れている会社だ。アドレスは http://www.baka.ne.jp というかなり思い切ったもの。

こんなシンプルなアドレスを取得しているということからも、ネットへの取り組みの時期がいかに早かったかということがわかる。

ホームページのQ&Aを読むと色々と面白いことが書いてある。ちなみに『ばかうけ』とは『大受け』の意味らしい。

ジャーマンソーセージ味』は6月一杯の期間限定商品である。まだお試しになっておられない方は、お早めに。

カテゴリー: 食べ物 タグ: パーマリンク

『ばかうけ ジャーマンソーセージ味』 への1件のフィードバック

  1. Kiasu のコメント:

    baka、シンプルだけどインパクトがつよい。ビジネスにはもってこいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です