サマーカジュアル

今日から6月である。毎日ぐずついた天気が続いていたが、気温の方はここに来て急に上がってきた。今日は30度になるらしい。

私の勤務先でも来週月曜日から恒例の『サマーカジュアル』が実施される。金曜日だけでなく毎日だ。9月末までなので丸四ヶ月にも及ぶ。クールビズどころか、スーツの着用が不要なのだ。

一度この快適さを味わってしまったら、夏場にネクタイを締めなくてはならない会社で働こうなんて、絶対に思わなくなる。転職した人は大変だろう。

昨日社内でドレスコードに関するお達しがメールで配信されていた。主な違反例として、特に女性を対象とした『扇情的な』スタイルについて色々と注意書きが掲げられていた。ちょっとそこのロシア人のあなた、よく読んでおく様に。

その中で目に留まったのが、次の一文だ。

・その他: 正式な民族衣装は例外とする。

なるほど、各国固有の文化を尊重して、外人さん達の民族衣装はドレスコードの例外とするわけだ。インド人のサリーや、マレーシア人のサロンがパッと思い付く。

とすると、同じフロアにいる上海や香港出身の女性が、深いスリットの入ったチャイナドレスを着ていても問題ないということか。勿論、あれが民族衣装と呼べるのであればの話だが。

ところで、後ろに座っているトルコ人の民族衣装って、どんなのだったっけ。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です