人工無能Annaさん

どうも私は長らく勘違いをしていたようだ。IKEAというのは、てっきりオシャレな北欧家具屋で、値段もそこそこする店だと思っていたのだが、どうやら安さで売る店だったようだ。

Wikipediaによれば、1974年に神戸の『イケアタウン六甲』で初めて売られ、関東では今のACTUSが、『イケア船橋』で販売していたとのこと。

組み立て式家具が受け入れられなかったのと、不良品が出たことから1986年に撤退したと書いてあるが、当時はさほど安いというイメージでは無かった様な気がする。日本での戦略を間違えたのかもしれない。

この4月に再び船橋のザウスの跡地に『イケア船橋』を出店したことが話題になっている。HPを見ると結構安いので驚いた。店内の様子はこの方のブログを見るとよくわかる。

でも私は車をとっくに手放したので、わざわざ行くことはないだろう。

ところで、どうして突然IKEAが気になったかというと、いつも更新を楽しみにしているchikaさんのブログに『IKEAのAnnaさんボット』というエントリーがあったから。

アメリカのIKEAのHPでロボットのAnnaさんをヘルプセンター嬢にしたところ、大幅な経費削減につながったという話だ。

英語でIKEAについて聞きたいことを入力すると、即座にデータベースを検索して回答してくれるという優れものだ。

試しに「How old are you?」と入れてみたところ、ちゃんと答えが返ってきた。この手の質問がかなり多いに違いない。日本のHPでもいずれ登場するのではないだろうか。その場合はもう一ひねりして、訪問者の年齢・性別を逆に聞き返し、販促につなげる位のことをやってほしい。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

人工無能Annaさん への1件のフィードバック

  1. Kiasu のコメント:

    IKEA、シンガポールでも人気です。戦略も間違ってないと思います。そもそもサービスなんてことは考えてないのですから。そのかわり、当然価格で勝負です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です