Googlepedia

ネットで調べ物をする場合まずGoogleで検索する。ところが昔と違い、今はブログが普及したお陰で、検索の上位に上がってくるサイトの中身は玉石混淆である(かく言う私のブログなんて、河原の小石みたいな物だ)。

そういう場合、やっぱり頼りになるのは『Wikipedia』だろう。結局Wikipediaでもう一度調べ直したりするのだが、これは二度手間だ。

そこへ便利な物が登場した。私の様に『Firefox』をメインのブラウザとして使っている人限定であるが、この『Googlepedia』という機能拡張をインストールすると、Googleで検索した時、検索結果の画面の右半分にWikipediaでの検索結果も同時に表示されるのだ。

私の場合、初めは何度検索しても、英語版のWikipediaの検索結果が表示されて困ったが、調べたところ、右上の検索窓で選んでいる検索エンジンが、Google.co.jpではなくGoogle.comになっていたからだということがわかり、早速変更したら日本語のWikipediaの結果が表示された。

Googlepediaはとっても便利である。これを機会にブラウザをFirefoxに変えてみてはいかがだろう。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です