ハウスマスター

ハウスマスターとは、英国のイートン校などで、生徒と一緒にハウスという寮に寮長として住む教師のことを言うらしい。

この春愛知県蒲郡市に、トヨタ自動車、JR東海、中部電力の後押しにより、イートン校をモデルにした海陽中等教育学校という中高一貫の全寮制私立学校が開校した。

日本初のボーディングスクールを謳い、世界に通用する人材を輩出するとのことだが、既存の私立校からのやっかみも大きかったと聞く。教師経験の無い社会人経験者をハウスマスターに起用したことなども話題となっている。

毎年丁寧な年賀状を頂いている先輩のS氏から、「今年はビジネスマンをやめて新設の中学・高校の先生になります。」という年賀状を頂き驚いた。

先日の新聞によると、S氏はどうやらこの新しい学校のハウスマスターとして引き抜かれたらしい。

都立西高、東大、マサチューセッツ工科大学という華麗なる経歴の持ち主で、去年までは金融の最先端の仕事に携わっていたS氏が、今度は24時間泊まり込みで若者の指導にあたるという。

よほど子供が好きな人でなくては、この仕事は勤まらないだろう。S氏は頭が切れるだけではなく、情熱の人でもある。会社でも野球部で活躍されていた。おそらく新しい学校では野球も教えられるのではないか。

こういう第二の人生は素晴らしく、またうらやましい。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です