観光隧道

昼は浦東にある正大広場という大きなショッピングセンターで、マレーシア風ビーフカレーを食べた。中華料理ばかり食べていたので、こういう料理がとてもおいしく感じられる。

書店に入ってみると、大勢の若者が階段で座り読みをしている。日本の様に漫画を読んでいるのではない。勉強の為の本を読む為、書店を図書館代わりに使っているのだ。書店の方も嫌がっている雰囲気はない。

書棚には、天井まで沢山の本が並べてあり、とりわけ日本以上に英語の習得熱が高そうなことがよく分かった。

浦西に渡るために、黄浦江の下をくぐる『観光隧道』というものを使ってみる。これは地底のトンネルを、ゴンドラの様な乗り物に乗って渡るものだ。

全長約650mのトンネル内部は、まるでディズニーランドのアトラクションの様に、様々に変化する電飾が施されており、子供には大人気だ。

tunnel.jpg

無味乾燥なトンネルにほんの少し手を加えるだけで、片道20元も取れるアトラクションに変えてしまったわけだから大したものだ。

対岸に渡るとそこは外灘(バンド)だが、ものすごい人数の中国人のお上りさんでごった返していた。

カテゴリー: アジア タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です