『新東記』

SinTongKee.JPG

恵比寿西口にある『新東記』という海南チキンライスを売り物にするレストランに行った。オーナーはシンガポール婦人で、今年10月にオープンしたばかりの店である。

場所は山手線沿いのマンションの2階。店の雰囲気は、知人のホームパーティーに招かれた様な感じ。

チキンライス(蒸しと揚げを両方)、バクテ、海南チキンカレーなどを食べた。味の方は店の雰囲気と同じく、取り立てて言う程のこともない家庭料理のレベル。

店の名前と同じく新加坡料理(東京風)といった感じか。オーナーは日本に来て17年ということだが、舌の方もジャパナイズドしてしまったのかも。

ジャパナイズと言えば、隣のテーブルの女性達がスパスパと煙草を吹かしていたこと。シンガポールレストランで喫煙可なんて、言語同断だ。

最近おいしいチキンライスを求めて食べ歩いているが、水道橋の『海南鶏飯』の味は飛び抜けていた。さすがプロの味と感動した。器にもこだわりがあった。

海南鶏飯(水道橋) >> 夢飯(西荻窪) > 新東記(恵比寿) > 海南鶏飯食堂(麻布十番) といった感じか。夢飯は最近行ってないので、一度チェックが必要かも。

カテゴリー: アジア タグ: パーマリンク

『新東記』 への7件のフィードバック

  1. 横浜 のコメント:

    新東記のファンですが、いやいやいやー シンガポールのチキンライスを食べたことがありますか?都内では一番現地の味に近いのに、水道橋の台湾人の店は足元にも及びませんよ!三年間シンガポールに居住し、現地の味に慣れ親しんだ私が言うのですから、間違いありません!他の店への偏見はありませんが、美味しさの判断は人の好みが様々です。特に海外の料理に関しては 現地の人ではない私が評価すると可笑しいかも、でも新東記が好きです、その家庭的な雰囲気が和みます。。。大好きです。今後の活躍が期待できます。

  2. durian のコメント:

    みなとみらい(?)からようこそ。
    美味しさの判断は本当に人それぞれですからねえ。
    味については不可ありませんでしたが、何か足りないものを感じました。
    シンガポールの食べ物特有の香りっていうものでしょうか。
    タバコの煙が台無しにしていたのかもしれません。
    ちなみに、水道橋の台南担仔麺系列のお店には、在京のシンガポール人も出資してます。

  3. とびっこQ のコメント:

    なんか火花散ってる感じですね。チキンライスがにわかに盛り上がっているのはいいことです。店が味を競うことで私達がよりおいしいものを食べられれば結局はいいんですけどね。私はシンガポールも、東京も大方チキンライス屋に行きましたけど、どこもそれぞれの味でうまいですよ。シンガポール料理店だからタバコがよくない?基本的に食事場所のレストランであればタバコはよくないと思います。durianさんが相当水道橋のお店に思い入れが強いことは良くわかりました。あそこのご飯は良くできていると思います。香ばしいジャスミンライスが新東記さんにも負けていません。個人的に好きです。。。ただチキンは惜しい、味が現地とまったく違いますので、海南鶏飯のチキンではなく別のおいしさだと認めます。お客さんも店の雰囲気もおやじの居酒屋っぽいのであまり落ち着かなかった。タバコには関係なくとにかく長くいられなかった。新東記さんの食べ物はおいしいし、音楽も雰囲気もぱっちり、サービスも言うことなし。東京は外食の天国ですが、単においしいだけではなく居心地のいい店であること、和めることもポイントです。

  4. MENZU のコメント:

    毎年会社の忘年会は近所でしたが。。。今年はタクシーで(代々木→恵比寿)、しかも会社に交通費を出させて!ラッキー!!!かなり奮発しました。こだわりの美味しい店 シンガポール料理の恵比寿新東記(http://www.sintongkee.jp)で忘年会を行いました。ずっと行きたかった店で。なかなか時間がなかったので幹事の特権を利用。やっときたぞぉ〜と言う感じでした。 まぁーおいしい、最高、うーめーいー!という言葉の連続!それ以上のいい表現が見つかかりませ〜ん。 みなさん、一度自分でその言葉を実感してください。

  5. りこ のコメント:

    私も新東記のものが、まさにシンガポールの味だと思います。
    水道橋の海南鶏飯も、おいしいことはおいしいのですが、あそこのチキンは、中華料理の「白切鶏」でしょう。

    あれはあれでおいしいのですが、シンガポールで食べた「あの味」に出会いたい時は、間違いなく新東記が
    一番です。

  6. MISHINA のコメント:

    長年シンガポールに住んでいた私が帰国後も、無性にチキンライスが食べたくて、ついに。。。テレビ雑誌もよく出たという口コミで有名になった恵比寿新東記へ行ってきました。予約しないでも平気でしょうと思いいってみたところ、おいおいー満席。。。! その後なんとなく30分の待ちで、席をゲット!本場の料理がメニューに並ぶ、日本人向けにアレンジしない味に惹かれて、それがいい!

    その前に偶然ここのBLOGを見ましたが、うんー皆さんの意見がいろいろあったから、個人的に新東記の印象が皆さんに伝えたかった。オススメの一番はもちろんチキンライス!!!本場の味と変わらないシンガポーリアンが故郷を思い出して涙の味とは言え、メニューのほかの肉骨茶、ラクサなど、あれもこれもどれも美味しかった。現地でも数十年チキンライスの専門店を持ち、なかなかのもんですよ!オーナーの個人のBLOGを拝見しましたが、お母さんが海南人でチキンライスの達人みたいですよ!自分がシンガポール人より味が一番うるさいと思います。新東記なら、裏切りません。

  7. いまいち のコメント:

    最近私もおいしいチキンライスを求めて食べ歩いた結果を参考用ため皆さんに公開いたします。

    海南鶏飯(水道橋)ファンのdurain さんのコメントについて:
    海南鶏飯(水道橋) >> 夢飯(西荻窪) > 新東記(恵比寿) > 海南鶏飯食堂(麻布十番) ということで、
    僕は一度チェックしました。

    それぞれの特性がありますが、100%現地と一緒の味にはならないことが当然です。海南鶏飯食堂(麻布十番)へ行ってきました。海南鶏飯について、何となく。。。なにか足りなかった。モモ肉ではなかった?ライスがもう少し固め?個人の好みかも?でもシンガポール人の私が ”それは”シンガポールチキンライスと言えるのはまだまだです。

    沢山のBLOGを拝見したところが一番評判がよかった→シンガポール人オーナーの恵比寿新東記の海南鶏飯は、本場の味100満点と賛成します。特に自家製のソースがすべて旨い!他の屋台料理―ラクサとチリクラブも最高でした。但し料金は少し高めです。その美味しさなら納得できるかも!まぁー現地100%の素材の運び代っ?(笑)

    水道橋の『海南鶏飯』のご飯が美味しかった満点!チキンがもう少しだけ。。。広東料理の白切鶏と近い、海南鶏の基本の味と香もないことが残念でした。チリソースを少し勉強してほしい!一番だめのはチリクラブでした。言いすぎるとごめん、一度シンガポール現地に食べていって見たらどう。シンガポールチリクラブの名称を外してほしい!→チリクラブにすれば。

    西荻”夢飯”、日本のお米のシンガポールチキンライス(海南鶏飯)には合わないので、点数が付けることができません。広尾の”夢飯店”に行ってきましたが、西荻より反省点が多いかもしれません。いえ、ここは海南鶏飯ではありません。今後比べるリストに入れないでください!

    海南鶏飯だけの話しなら:
    新東記(恵比寿)>>>海南鶏飯(水道橋)>>海南鶏飯食堂(麻布十番)>夢飯(広尾)> でした。

    シンガポール人の店のみかた?ではありません。私はシンガポール人ですから現地の味が一番わかります。いつか東京もシンガポールみたいに どこ行っても海南鶏飯店がいっぱい並びる!皆さん、頑張って!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です