手帳

pocketbook.JPG

来年の手帳を支給された。もう年の暮れが近いと実感する。昔はこの手帳が無ければ仕事にならないという時期もあったが、今はそうでもない。

入社した頃は立派な革製だったが、ある時を境に合成皮革の物に変わり、おまけにペンを挿す袋がなくなった。

支給された手帳を開いてみて驚いた。紙の質が急に悪くなっていたのだ。ひどいなあと思ったが、最後のページを見て理解した。『古紙配合率100%再生紙』のマークが印刷されていたからだ。環境にやさしい手帳ということか。

しかし、日本で初めてIP電話を全面的に採用した会社なんだから、PDAの様な電子手帳を支給してくれても良いのに。

もっともそうなると、経費の精算は一両日中にPDAに打ち込まないと支払わないなどと言われて、面倒なことにもなりそうだが。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

手帳 への1件のフィードバック

  1. ばぶるばすたー のコメント:

    確かに紙の質がひどく悪くなってましたよね。再生紙といったってもうすこしましな紙があるように思えるんですけど。環境にやさしくするなら外人がクルマで通勤するの止めさせたほうがよっぽど環境に優しいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です