立ち読みOK

最近は本屋でハタキを持って立ち読み客を追い払うオヤジを見かけなくなった。ジュンク堂などは、わざわざ『座り読み客』用に椅子を準備してくれている。

ネットで本を買う場合にも、事前にちょっと中身を見ることができたらいいなと思っていたら、アメリカ等に引き続いて、Amazonが日本でもそんなサービスを開始した。

なか見!検索』というサイトで、キーワードを入力すると、そのキーワードが含まれる本を探し出し、そのページと前後2ページずつ、合計5ページを読めるらしい。

登録に応じている出版社もまだ限られており、使い勝手はまだよくわからないが、試してみる価値はありそうだ。

カテゴリー: 本・雑誌 タグ: パーマリンク

立ち読みOK への2件のフィードバック

  1. 健ちゃん のコメント:

    東京駅の大丸に入っている「三省堂」では、隣の喫茶コーナーに立ち読みしている本を持ち込んで座り読みできますよね。
    喫茶コーナーも書店の経営だと思いますが、本が売れなくても、喫茶の売上げでトントンという事でしょうか?

  2. durian のコメント:

    本の出版社は大変ですよね。本当に買って持ち帰ってもらうだけの価値のある本でなければ、立ち読みされて終わりですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です