アルク『ビジネスEメール速習パック ライティングエイド』


仕事柄、朝から晩まで英語のEメールを読み書きしているが、今一つ自分の書くEメールに自信が持てなかった。一度基礎から勉強し直してみたいと思っていたところ、今年の5月から、アルクが『ビジネスEメール速習パック ライティングエイド』という通信講座を始めたということを知り、7月から3ヶ月間履修してみた。

1レッスンが二日分で、一ヶ月(8レッスン)毎に通信添削があり、三ヶ月(24レッスン)で終了する。テキスト3冊とEメールライティング・ハンドブック、そしてWindows用のEメール作成支援ソフトが送られてくる。

書店に行けば『ビジネスEメールの書き方』などという本も売っているが、本を横に置いているだけでは、中々身に付かない。それに例文のバリエーションが少ないので、いつも同じ文章を写すことになり何とも格好が悪い。

その点この講座は、まずは一日目に基本パターンを押さえた後、二日目はその応用や、言い換えの文章を練習することになっており、大変役に立った。

日本人が陥りやすい間違いについても、ちゃんと説明がある。例文も新しく、実務に即したものが使われており、毎日の仕事でもさっそく使える物が多かった。

ハンドブックには、Eメールのマナーやテクニック、ニュアンスや定形表現などに関する、役立つ情報が沢山盛り込まれている。

Eメール作成支援ソフトは、よく使われる文章、文、ワードを、英語、日本語で探し出すことができる。またEメールで頻出する動詞・副詞について、統計上、どの言葉と一緒に用いられることが多いのかなどを教えてくれるので便利だ。

英文Eメールには『お決まりのスタイル』があるにもかかわらず、きちんと勉強せずにOJTで済ませていると、マンネリに陥り、上達が頭打ちになる様に思う。

勤め先によっては特定の通信講座の履修に奨励金を出してくれることもある。ご自分の勤め先でこの新しい講座が対象先になっていないか、一度確認されることをお勧めする。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です