選挙とネット

選挙期間中のネットの利用をめぐり、自民と民主がバトルを行なったという記事があった。

発端は、民主党が選挙公示日に代表の街頭演説の模様をアップしたり、公示日以降もメルマガなどを送ったことにある。

自民党で選挙対策を担当している世耕弘成幹事長補佐がそれを指摘したことからバトルが始まり、世耕議員のブログも問題があるのではないかと、民主党が反撃した。

民主党が、総務省から受けた指摘・指導について、総務省選挙部に対して見解を求める公開質問状を送付したところ、 総務省は「個別の事案については、公選法の規定に違反するかどうかは具体の事実に即して判断されるべきものであり、総務省では調査を行なう権限を有しておらず、違法かどうかの判断を行なう立場にもない」が、「公選法の規定に抵触する恐れが強い」という旨を民主党に直接伝えたとのこと。(この記事参照。)

ところで世耕議員のブログは面白いので毎日読んでいる。彼は自分は参議院議員であり「衆議院選の候補者ではないことに加え、特定の候補者や選挙区が明示されておらず、投票や支援、理解の呼びかけも行われていないので、選挙運動には全くあたらない。公職選挙法の規制の域外である。」と昨日のブログで述べている。

公示日前は、どこそこの候補予定者の所へ誰それと一緒に出向いて、こういう打ち合わせをしたなどということが書いてあったが、さすがに公示日以降は「何県へ行った」程度に留めている。誰の所へ行ったのかなと想像するのも面白い。

政治家が自分のホームページを持つのは珍しい事ではなくなったが、彼の様に、毎日自分で内容を更新している政治家はまだまだ少ないのではないか。彼が議員になる前の経歴を見て、なるほどなと思った。

ところで、最近最近ポッドキャスティング(Podcasting)というのがブームになっている。iTunesなどをPCにインストールしておき、特定の放送局(個人が開設しているものもある。)を登録しておくと、最新の番組を自動的にダウンロードしてくれ、いつでも好きな時にそれを聞く事ができるというものだ。

ホームページにPodcastingへのリンクを張り付けっぱなしにしておくことは、公選法で規制している『文書図画』の更新とは言えないだろう。真っ白なページに、『今日の主張』などというPodcastingへのリンクを張り付ける候補者がいたら面白いのだが。

カテゴリー: 政治 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です