ナマズ暴れる

昨日の午前11時46分頃、皆さんはどこにおられたのだろうか。私は昼食を取ろうとして、千代田区の高層ビルのエレベーターの中にいた。

高速で降下中のエレベーターが、突然渦を巻くように回りながら下がり始め、時折バキッ、バキッと音がする。まるで飲み物が少し残ったペットボトルをグルグル振る様な感じ。

ついに関東大震災がやってきたのかと観念した。「おっ、おっ」と声を上げることしかできず後は運を天に任せるだけ。

幸いエレベーターは食堂のある8階で止まり、ドアが開いた。我々はあわててエレベーターから躍り出て、お互いに無事を祝い合った。

その後もしばらく免震構造の高層ビルは回り続けた。東京の震度は4と、5まで行かなかった為、緊急停止することはなかったのである。

自宅に電話したところ震源地は宮城ではないかとのこと。こういう時は、通話制限の掛かりにくいPHSの有り難みがよくわかる。

食事中も結構心臓がバクバクしていた。食事が終わった後、余震を恐れて高層階まで階段で歩いて上がってみた。

後で思ったのは、もしちょうど一日前に地震が起きていれば、終戦60周年の黙祷の直前だった訳で、何かと結びつけられたに違いないなと。

カテゴリー: 身の回り タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です