『ベスト・ピアノ100 』

先日子供達のピアノの発表会があった。ろくに練習もせずに出たものだから、つっかえてばかり。数秒間の沈黙が続いた時には、こちらの心臓が破裂するかと思った。二人とも本番に弱いのは一体誰に似たものか。

最近、オリコンのアルバムランキングの10位前後に、『ベスト・クラシック100』というクラシックの名曲のオムニバス集がランキングされていることが話題になっている。

その姉妹編として発売された『ベスト・ピアノ100』というピアノの名曲のオムニバス集も、これまた20位前後にランキングしている。

B0009EVHZE ベスト・ピアノ100
オムニバス(クラシック)

東芝EMI 2005-06-15
売り上げランキング : 31
おすすめ平均
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こういうピアノのCDを毎日家で聞いていれば、演奏中にパニックになっても、自然に指が動き出したりするかもしれない。

録音は新しくないが、それぞれEMIと契約していた当時人気のあった演奏家ばかりが集められている。6枚組で3,000円、1曲あたり30円という点が購入者にお買得感を与えるのだろう。

クラシックだから、これから名曲が増える訳でもないので、一家に一つ買っておいても損はないと思うのかもしれない。

それぞれ曲の一部しか収められていないが、良いと思った演奏があれば、全曲収められたCDを買うだろう。

今年中に日本でも始まるというAppleのiTunes Music Storeは、米国では1曲99セントでダウンロード販売されており、日本では1曲150円程度で始めるのではないかと言われている。

それでもレコード会社は安すぎると考えているようだが、ダウンロードで購入される曲は、若者に流行る新曲ばかりではない。十分元を取り尽くした過去の名盤なども購入されるはずだ。

100円ショップでは、原価が100円以上する商品と共に、どう見ても原価が30円以下の商品が、共に100円で売られている。

iTunes Music Storeが日本でも本格的に始まれば、レコード会社は、「懐かしの曲を買いたい」という、新たな購買層を開拓できると思うのだが。

カテゴリー: 音楽 タグ: パーマリンク

『ベスト・ピアノ100 』 への1件のフィードバック

  1. いまオヤジにCDが売れてます!!

    音楽CDの販売に復調機運があるそうです。 大手レコード店ではなんと3??4割増!こ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です