2012年オリンピック開催地決定

今日7月6日、シンガポールで開かれる国際オリンピック委員会(IOC)の総会で、2012年夏季五輪開催地を決める投票が行われる。

日本時間午前10時から、招致に手を挙げているパリ、ニューヨーク、モスクワ、ロンドン、マドリードの5都市が、順番にプレゼンテーションを行い、その後にIOC委員の投票で開催都市を決定する。夜8時半に結果が発表されるとのことである。

シラク大統領、ブレア首相、ブルームバーグ市長、クリントン夫人などの大物政治家や有名スポーツ選手達が、早くからシンガポール入りして、それぞれ自国への誘致のお願いに奔走している。

地元の新聞によれば、モスクワは社会主義国からの脱皮を、マドリードとニューヨークはテロの悪夢をぬぐい去る為、ロンドンは1948年以来遠ざかっている開催を何とか取り戻したいなど、それぞれの思惑があるという。ただし、モントリオールやアテネなど、過去の開催地の住民は、多額の負債の返済の為、今でも増税に苦しんでいるとの指摘を付け加えることを忘れない。

IOCの総会を自国へ誘致することに成功したシンガポールだが、独立以来40年間、メダルとは縁がない。昔シンガポール人に「知力、財力では先進国なのに、どうしてスポーツに力を入れないのか?」と聞いた事がある。

返ってきた答えは「スポーツではメシが食えない。」と言うものだった。例え国を代表するメダリストになったとしても、将来それで生計を立てるには、自国のマーケットがあまりにも小さすぎると言うのである。

6月30日付けの日経新聞によると、今回のIOC総会の誘致により、各国から代表団や報道陣約5千人が訪れることで、その経済効果は4千万シンガポールドル(約26億円)と試算しているとのことである。

今晩8時半からの『開催地発表式典』は、全世界で放映されるらしい。シンガポールは発表前の2分間と発表後の1分間、同国を紹介するビデオ放映の権利を得ており「宣伝効果は計り知れない」(シンガポール組織委員会)としている。

私としては、2012年の開催地がどこになるかよりも、シンガポールが与えられた3分間でどのようなプレゼンテーションを行なうかの方に興味がある。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

2012年オリンピック開催地決定 への2件のフィードバック

  1. 山百合会へようこそ のコメント:

    2012年のオリンピック開催は

    2012年五輪がロンドンに決定したようです。 市場ってこういうイベントには反応するものなのでしょうか? 昨日の夜にポン様を196.09円で3枚ロング仕込んだので…

  2. D-Life のコメント:

    五輪招致

    2012年の五輪開催地がロンドンに決定。
    思いもよらず開催地と決定して歓喜の中に驚きも持ったのはロンドン市民じゃないだろうか。

    国際オリンピック委員会(…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です