究極のマウス

WACOM FAVO F-430(S) サテンシルバー

ワコム 2003-09-12
売り上げランキング : 919
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

PCショップに行けば、迷うほどマウスの種類がある。これらのマウスは二つの観点から分類することができる。

ひとつは、『a. どのようにしてマウスの位置を検出するか』で、もうひとつが、『b.どのようにしてPCと接続するか』ということである。

昔は、aは『ボール式』でbは『有線(ケーブル式)』しかなかった。その後aについては、『光学式』や、『レーザー式』などが出現し、bについては『RF(無線)式』や『Bluetooth式』などが登場した。

aについては、今更メンテナンス(ごみ取り)の必要な『ボール式』に戻りたいという人は、余りいないだろう。また、bについては、ケーブルは無いにこしたことはない。

だが、『光学式』や『レーザー式』で、ケーブルレスタイプにすると、電源を自らマウス内に持たなければならなくなり、マウスがとても重くなってしまう。

私の理想は、軽くてケーブルレスなのだが、両方を満たすものは無いと思っていた。ところが有ったのだ。それは上記いずれのカテゴリーにも属さないものだった。

上の写真の『WACOM FAVOシリーズ』は、小型ペンタブレットである。本来は付属のペンで線や絵を描いたりする為の周辺機器なのだが、ケーブルレスのマウスがおまけでついてくる。

このおまけのマウスはタブレットの上で操作するのであるが、電磁式?である為、中身がほとんど入っておらず、驚くほど軽い。

買ったままだと、裏がフェルト地になっている。おそらくタブレット上をいつもきれいにする為だと思われるが、このままだと滑りが悪いので、私は四隅にマウスを滑りやすくする樹脂性のシールを手に入れて貼って使っている。

ペンは子供がお絵描きする時しか使っておらず、もっぱらマウスのみを使っている。軽くてケーブルレス。私にとっては、現時点での『究極のマウス』である。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です