おせっかいな検索窓

Google サジェストの日本語BETA版の提供が始まった。普段使っているGoogleとの違いは、インクリメンタル・サーチとでもいうのであろうか、検索窓に文字を入れていくと、携帯電話の予測変換の様に、検索頻度の高い単語を、先読み表示してくれるというものだ。

例えば「あ」と入れると、近頃ひょんなことから名前が売れた女優の名前が上の方に出たりする。
「ら」と入れると有名IT企業の名前が出たりするのだが、どちらの企業の方がより検索されているのか、results数でわかってしまうのだ。面白い発見をされた方は、是非コメント欄にでも書いて欲しい。

世間の人がどんなことに興味を抱いているのか判ったりして面白いが、ちょっと目障りでもある。

カテゴリー: パソコン・ネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です