MTFGとメリルの合弁証券

今朝の日経新聞に、「三菱東京とメリルがプライベートバンキング業務に特化した合弁証券を設立する」とのニュースが出ていた。この話は「財界展望」の4月号にも既に書かれており、さほど新しいニュースではない。
メリルは法人部門ではそれなりの力を発揮しているものの、個人部門はパッとせず、お荷物となっていた。(新聞にはいいことしか書かれていないが。)
外資は何度も日本でのPB業務の展開を図ってきたが、CITIを除いてうまくいった例は少ない。そのCITIが昨年あんな不祥事を起こしたものだから、メリルもおそらく強い逆風を受けて困っていたはずだ。そこで三菱東京のブランドに乗っかり、実質的に個人部門からの撤退を決めたということだろう。
面白いなと思うのが、三菱グループと親密であった日興証券が、ライバルのみずほグループと接近し、芙蓉グループの一員だった山一証券の従業員を引き継いだメリルが、東京三菱と合弁を組むという「ねじれ現象」だ。
ところで、山一からメリルに拾ってもらった人達は、今でも残っているのだろうか。

カテゴリー: 経済 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です