「異端王道」

異端王道
江上 剛

東洋経済新報社 2005-02-18
売り上げランキング : 64,659

Amazonで詳しく見る by G-Tools

破綻した「長期融資銀行」が、「新興銀行」として再上場するまでの物語と聞けば、誰でもモデルの存在に気付くだろう。同じモデルを扱った小説には、自称経済評論家のこの本などがあるが、外資憎しのマスコミの論調に迎合するステレオタイプの三文小説だった。かたやこの小説の著者である江上氏は、綿密なる取材をもとに、本作を書き上げている。特に世間を騒がせた「買収後不良化が判明した債権の解除権」については、それが買い手の提案ではなく、売り手であった政府からの提案であったことも、はっきりと書かれている。98年以降に起こったことは、読者も皆知っており、「これはフィクションではなくドキュメンタリーである」と言い切ってしまった方が、どんなにか執筆が楽になったかと思われる。そこをあえて小説という形を失わずに書き切るには、大変な苦労があったのではないか。
実は私は、この小説が「東洋経済」に連載中、著者に対して「事実は小説よりも『酷』なり」という様な内容のメールを送ってしまったことがある。そんなメールに対しても、著者からはちゃんと返事を頂いた。最近この手の週刊誌は会社では定期購読しなくなったので、連載を全て読んでいる訳ではなかった。今回単行本になった物を読んで、私が書いて頂きたかった事も、ある程度書かれていたことに気が付いた。失礼をしてしまった。勿論当事者なるがゆえに、些細な事実との相違が気になったということもある。それは、400ページで話をまとめなければならないという小説の制約があったからであろう。
この小説は上場までを描いた第一章である。現実の世界は既に第二章に移っている。
この本は、現役の銀行経営者や銀行員に対して書かれた指南書とも言えよう。この通りに銀行を変えていく事ができれば、その銀行は「新興銀行」に近づくことができるのだから。しかし「言うは易く行うは難し」であるということは、木村剛氏が率いる日本振興銀行の迷走振りを見ればわかる。やはり確固不抜の経営者の存在が重要であることは言うまでもない。
正直に言おう。私はこの本をカフェで読んでいたのだが、初めから最後まで目頭が熱くなり通しであった。涙が止まらなかった。
江上さん、すばらしい本を書いて頂き、有り難うございました。

カテゴリー: 本・雑誌 タグ: パーマリンク

「異端王道」 への1件のフィードバック

  1. BusinessBookCenter のコメント:

    トラックバックありがとうございました。
    ブログ(BusinessBookCenter)のBlogListに追加させて頂きました。
    今後とも宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です