針打って痔固まる


今週月曜日に、経済産業省が後押しをする「創業・ベンチャー国民フォーラム」というのが、『Japan Venture Award 2004』の受賞者を発表した。 起業家部門で最高の賞である経済産業大臣表彰を受けたのは、沖縄のレキオファーマという会社の社長である奥キヌ子さんだ。
この会社のビジネスモデルは何かというと、沖縄、中国、アジアの伝承医学や天然資源をもとにした医薬品を、製薬会社との提携によって共同開発を行なうというものだ。では具体的に何を開発したかというと、内痔核つまりイボ痔を切らずに直すことのできる「ジオン」という薬を開発したのだ。私は痔持ちではないので良くわからないが、痔には痔核(イボ痔)、裂肛(キレ痔)、痔ろう(アナ痔)等があり、更に痔核は内痔核と外痔核に分けられ、このジオンという薬は内痔核を治すことができるらしい。
どの様にして使用するかというと、内痔核に直接注射をするらしい。すると痔核に炎症が起こり、組織が線維化して硬化・萎縮するという仕組みだ。従来の手術であれば通常1週間ほどの入院が必要だが、この注射療法なら1、2日で退院できるとのこと。
この薬に目を付けた経緯が面白い。そもそもこの薬は、奥社長の大学時代の中国語クラブの先輩が、1989年に北京から「消痔霊」という薬を持ち帰った。「これは行ける!」と思った奥社長は、後日痔に悩んでいた友人と北京に飛び実際に投与してもらって効き目を確信。1991年に会社を立ち上げて、1995年から三菱ウェルファーマと共同開発を開始。約15億円を投じ、ようやく昨年製造承認にこぎつけたとのこと。奥社長は開発資金を作るために、沖縄で高級クラブを開いたこともあるらしい。
何はともあれ商品化できてメデタシメデタシだ。ちなみに社名のレキオ(LEQUIO)とは、ポルトガル語で「琉球」を意味するらしい。
ところで痔といえば、ヒサヤ大黒堂の「ぢ」という表記の広告が有名だが、どうやらこれはヒサヤ大黒堂独自の表記で、正しくは「じ」と書くらしい。「じ」と書くより、「ぢ」の方が痛そうだ。香港島のビルの上に大きく光っていた「ぢ」のネオンサインは有名だったが、最近撤去されたとの噂がある。本当だろうか?どなたか教えてください。

カテゴリー: 社会 タグ: パーマリンク

針打って痔固まる への1件のフィードバック

  1. 医療・美容・健康 のコメント:

    切らずに治す痔治療

    三菱ウェルファーマと沖縄のバイオベンチャー、レキオファーマが共同開発し、切らずに痔(じ)を治療できる注射剤「ジオン」を23日発売。三菱ウェル、切らずに直す痔治療…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です